March 2008

March 29, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

足回りも最初からスポルティーボが装着されていると言うことで、ヴィッツ TRD Sports-Mをわざわざ選んだのですが、予想以上の乗り心地の悪さに、納車10日ほどで純正 RSの足回りをヤフオクで落札し交換していました。

乗り心地は純正という事で悪くなかったのですが、車高の高さがどうしても許せず、オーリンズの車高調を入れてみましたw

オーリンズDFV

オーリンズ1

オーリンズ2

このDFVシリーズの売りは「何も失わず、望む性能はすべて手に入る」という事らしく、しなやかな乗り心地+高い運動性能を実現したみたいです。

DFVのヴィッツRS(NCP91)に設定されている基本のバネレートは、フロント5kgf・リア3.5kgfなのですが、念には念を入れてフロントのバネレートを4kgfに変更して注文しました。

装着されたヴィッツを乗ってみると、確かにしなやかな乗り心地だと感じることができ、単にゴツゴツ感だけ比べると純正RSとスポルティーボの間・・・いや純正に近い乗り心地でした。

純正に比べると、路面の情報はきっちり伝わってきます。しかしそれをショックアブソーバーがきちんと処理して、フラットな乗り心地を作っているという感覚が伝わってきます。

路面に張り付いてるって感じがします。

基準の車高のダウン量は前後30mmなのですが、急に車高が下がると奥さんにバレかねないので、スーパーの立体駐車場で困らない車高にとお願いしたところ、約20mm位のダウン量で調整してもらったようです。

純正よりちょっと落ちてるって感じで、結構気に入っているんですが・・・あと5mmくらい下げてもいいかなと。。。


せっかく足回りも交換したので、走行会にでも参加してみようかなと、無謀にも思う今日この頃ですw



March 27, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


ランサーエボリューションX 体感ミーティングのブロガーへの、最後の問を頂戴しました。



質問:ひとことインプレッション。ランサーエボリューションXに対して一番強く感じたことをお書きください。


今までのランサーエボリューションといえば、ミッション車(※)のみの設定で、張り出したブリスターフェンダーや、大型のリアスポイラーと、かなりスパルタンな印象で、結婚したあとではオーナーになりにくいと言う雰囲気がありました。
※GT-A・ワゴンを除く

しかし、今回のランサーエボリューションXは、コンフォートモデルとして兄弟車種となるギャラン フォルティスが先に発売されていることや、エアロを含む外装も歴代のランエボと比べると、大人しい目なので30代後半・子供もちの私が乗っても、周りから違和感は感じないだろうと思われます。


私は普段の仕事が、板金・塗装に関わる仕事をしているので、ボデーの素材にかなり強度の高い「高張力鋼」を使用し、ねじり・曲げ剛性を高めても重量増を抑えるようなつくりに好感を持ちました。

AT免許でも乗ることができる上に、サーキット走行でも楽しめるツインクラッチSST、パワー十分なエンジンでも安心して乗ることが出来る制御システムS-AWC、4人家族でも旅行すらこなしてしまう居住空間

それでいて、ベースグレードのGSR(TC-SST)は 3,750,600円(税込)と、少し・・・いやかなりの無理をすれば、普通のサラリーマンでも購入が夢では無いプライス。


一言で言うと、庶民でも手が届き、安心して乗れるスポーツカーと言ったところでしょうか。


今後オーナーになれるかどうかは分かりませんが、次の車の購入時には候補に上がることでしょう。


最後に、このような体験ミーティングを企画していただいた、三菱自動車さん、関係の皆様、そしてライブドアブログさんに、感謝の気持ちをこめて「ありがとうございました」の言葉で、締めくらさせていただきたいと思います。



March 24, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


去年も参加していた、EXEDY 2008 OPTION2 お遊び耐久の2008年第1戦が、3/22(土)兵庫県のセントラルサーキットにて行われました。

昨年は最終戦(12月)レースを、次女の出産とタイミングが重なって欠場したため、8ヶ月ぶりの参加・・・・と言うことは、MT車に乗るのも8ヶ月ぶりと言うことになりますw


万全を期して強化合宿という名の前泊で健康ランドに宿泊し、7時のゲートオープンに間に合うように到着し、ピットで準備を始めます。

準備


ちなみにレースのスケジュールはこんな感じです

フリー走行 30分)

フリー走行◆30分)

予選(30分)

決勝(3時間)

フリー走行の間に、任意の有料走行枠や体験走行なんかも有ります。

8ヶ月と言うブランクを気遣っていただいて、最初のフリー走行枠(30分)をフルに乗せていただきました。
前回のレースでは、1分43秒〜45秒でラップしていたのですが、この8ヶ月の間にヴィッツも進化していて、サブコンやビッグスロットルが装着され、オーナーのK根さんも「ストレート速くなりました」と言ってました。

昨年最終戦はアンダー気味だったという足回りも、更にキャンバーを付けて曲がりやすいセッティングになっているようです。

8ヶ月ぶりのMT車で、同じく8ヶ月ぶりのサーキットへコースイン

2周ほどタイヤを温めつつ、人間のリハビリをしてスピードを上げていきます。

お!確かにパワーが上がってます。私の走りだと4速で待ちだったストレートも5速に入るし、奥のヘアピンも3速で待ちだったのが4速に入ります。

足回りもアンダー気味だったのが、少しオーバー気味に・・・・腕が有れば速いんでしょうけど、正直お尻がズズ・・・と出るので怖かったですw

ラップコンにも1分43秒の表示が出て、ちょっとその気で頑張ってみました。
わりと思ったとおりの走りが出来た・・とタイムを見ると1分41秒台に入っていました。


気を良くしたのか

1コーナー気持ちブレーキ遅らせて進入

ん?ちょっとスピード乗りすぎ?

向きを変え始めているのに、軽くブレーキに足を載せる

1コーナーはアプローチが下りで、右回りの逆バンク

華麗にリアが出る

立て直すことも出来ずスピン、しかもコース中央

クラッチきる余裕もなくエンジン停止

1コーナーはブラインドコーナー

シビックタイプRとS2000が、ヴィッツのわき腹近くで停車


ホント屁たれスピンで走行中の皆様には、大変ご迷惑お掛けしました。


セリカに乗っているときから、何回も走行会に参加してサーキット走行は幾度となく経験しているんですが

人生初のスピンでした・・・


ちょっとビビリが入りましたが、その後フリー走行の後半では、1分41秒ほぼフラットを出せて楽しく走れました。


どうやら温感でリアタイヤの空気圧が2.5だったので、空気を減らして2回目のフリー走行に入ります。
30分のうち最初の10分は引き続き私が走り、残りの20分はTくんが走る打ち合わせでコースイン。

確かに1回目の走行より、リアが安定して安心感が増していました。
しかし、なんか自分のリズムが作れずタイムは伸びない上に、ピットインの指示も2周見逃していてダメダメな走行でした。


途中でセリカ乗りのこーへーさんが応援に来てくれて、萌え系な応援幕を撮影したり、200〜300個は有ると思われる大量な飴ちゃんをもらったりしましたw

タソ

タソーな応援幕に、タソーな天野アイタソー

応援幕の「あい」を「史子」に変えようと、こーへーさんが言っていたような気がしますw

大量の飴ちゃん(右)と、もう一人のエクセディーのキャンギャル田中 涼子タソー(左)
実は昨年耐久に参加して以来、この田中涼子さんの隠れファンだったりしますw ドラミを一番前の席で参加したのですが、目の前に田中涼子さんが立っていたので、ドラミの内容が頭に入らなかった・・・事はないですよw

タソ2



さて、いよいよ予選が始まります。
タイヤもフロント2本は新品のネオバに交換しています。

予選アタッカーはもちろんT西師匠
もの凄く集中してアタックに入っていった姿が印象的でした。

ピットでK根さんとモニターを見ていると

いきなりの1分37秒台

流石だー、こりゃ36秒台に入りそうって話をしていたら

ピットの外で「最終コーナーで停まってる」との声が・・・・

あわてて見に行くと、最終コーナーの立ち上がったところで、イン側に向かって停まっているヴィッツが見えました。
再スタートが切れないようで、そのまま予選は赤旗中断になりました。


どうやら当てられて、そのまま最終コーナーアウト側のコンクリートウォールにヒットしたとの事
ヴィッツはずっと停まったままだし、ドライバーのT西師匠は大丈夫なのかなと心配していると・・どうやら当てた車のピットに抗議に行っていました。


積車に乗ってヴィッツがピットに戻ってきたんですが(※画像提供こーへーさん)

vitz1

ボンネットも折れ曲がり、フロントのブレーキローターも割れるほどの損傷

vitz2

損傷の激しい右リア周り、写っていませんがこの衝撃の波及がルーフまで及んでます、正直修理は難しいです

vitz3

バックドアガラスは粉々・・・・そして追うように同じピットの泉門天S13もエンジントラブルでリタイア

レースなので仕方ないですが、まさか最終コーナーで左後方からの接触
最終コーナーは2速でターンする、セントラルでもスピードの落ちるコーナーです。
接触した反動で、コンクリートウォールでここまでボロボロになるとは、どんな勢いで接触したのか・・・

悔しいですけど、決勝グリッドに並ぶことなく、今回のレースは終了です。



追い討ちを掛けるように、TV番組の走改車楽が取材に来ていましたyo

インタビュー

決勝で使うはずだった、ハイオクを私のヴィッツに給油・・・クスンクスン


もちろん自走は出来ないので、トライアルに積車の手配をし決勝レースを見届けることなく撤収しました。

帰りの車中でK根さんが、次の耐久マシンは私のヴィッツだと、冗談混じりに真剣に話していましたが・・・
確かにモデルは違っても、同じRSでエンジンも同じだし、MTに載せかえればって・・・

家庭が崩壊しますので無理ですw


トライアルに戻るとしのさんが来ていました。
色々話をして、前から行きたかった噂の激うま焼き鳥店へ連れて行ってもらうことになりました。
実は、4年ぶりにトライアルに車を預けるので、ちょうど帰りの車が無かったので助かりました。

お預け

いつのまにかGS-iのフードトップモールが付いてたりw 今回の入庫でさらにお買い物車としてのスペックが上がるはずです。

しのさんのセリカの中で、最終回前だからといって、無駄に死亡フラグが立ちすぎるガンダムOOを見ながら、激うま焼き鳥屋さんに向かいます。

そして・・・

まさに激うまでした

自宅からはかなり遠いのですが、再度訪れようと思わせるだけの旨さが有りました。
しのさんからは、ガンダムOOのポスターを頂戴しました・・・・って家に貼れないですよw

しのさんは、恐れ多くも王 留美の事をチャイナと呼んでいたので、グーで修正しておきました(嘘

OO鳥

もらったガンダムOOのポスターに、旨すぎる生キモと鳥ミンチ



人生初のスピンや、予選でのリタイア等、レースの厳しさを知る一日になりましたが、またセントラルに戻って来たいと思います。



March 20, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

ランサーエボリューションX 体感ミーティングのブロガーへ、続いての質問を頂戴しました。


質問:コーナリング時に感じたS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)の魅力、感想をお書きください。

まずはS-AWCとは何ぞ?と、自分のつたない知識で復習してみましょう。

S-AWCとは、ACD・AYC・ASC・ABSと、4つの車体制御システムを統括するシステムで、4つの制御システムの詳細はこちら(ランエボX HP)で解説されているので、一度ごらんになってみて下さい。

体感ミーティングでは、S-AWCをオンの状態とオフの状態で走り分けることができたので、その違いは今でも感覚に残っています。

S-AWCをオンにすると、とにかく車両を安定しようとする制御が入ります。

特に大阪(泉大津フェニックス)で行われたミーティングは、広大な駐車場にパイロンを並べたジムカーナ形式での走行でしたので、ハンドルを切りながら1速でベタ踏みといった、無茶な入力をすることができたのですが、それでもASC(アクティブ・スタビリティー・コントロール)が働き、無駄なホイールスピンも押さえ込んでしまいます。

正直、S-AWCをオンにしている状態では、車両を滑らす・スピンさせると言ったことは、通常のドライバーにとっては難しいと感じるほど、きっちりと車両の挙動を安定させます。

もちろん、サーキット走行等では邪魔になる場面も出てくるかも知れません。しかし日常運転する時に、アクシデントが起こった時の、急ブレーキや急ハンドルの入力も、きっちり受け止めてくれる安心感があります。
※もちろん、S-AWCの制御範囲を超えるようなスピードや、凍結した路面等のシュチュエーションでは限界が有りますけど・・・


オフにして走って同じように、ハンドルを切りながら1速でベタ踏みなんて入力をすると、ホイールスピンも起こりますし、リアも滑って出すことができます(私の場合は制御できていないので「ケツが出た」が正解ですw)

ただ、もともとのスタビリティーが高いので、少々の事ではスピンしてしまうような感じは有りませんでした。

ミーティング当日、ハイスピードコースをタイヤの冷えた状態で走ったときには、きついコーナーでハーフスピンの状態になりました。FFしか乗ったことのない私でも、スピンせずに労すること無く立ちなおせたのは、ランエボXのスタビリティーの高さが有ってのことだと感じました。


ランサーエボリューションXの開発テーマであるいかに速く走れるかはもちろん、いかに快適に走れるかというのが乗って解かり、誰もが安心してスポーティドライビングを愉しめるということを可能にしている車だと感じました。



ランエボのようなハイパワーな車でも、S-AWCをオンにしておけば、アクセルやブレーキの操作がラフ(下手w)な奥さんが乗っても、安心して横で眠れるような気がします。



March 18, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

先週末は、次女のお食い初めと、寒くて延期していたお宮参りに行ってきました。

お知り合いが神主さんの三島鴨神社でお宮参りを済ませ、たかつき京都ホテルで写真撮影と、お食い初めということでお膳を食べてきました。


泣きまくる次女を、20分程度掛かって何とか機嫌をとり、無事撮影が終了したときに「お持ちのカメラやビデオで撮影どうぞ」と言われましたが・・・・時間ギリギリで慌てて家を出たので、すっかり忘れて来ました。

仕方が無いので、AF無し201万画素CMOSのW43Sのカメラで撮った画像がこちら

tamahika

あー、W61Sが発売されてれば、こういう時にも困らないのになぁ

引き続き泣き続ける次女を、何とか寝かせて食事を済ませてから気づいたのですが、自分たちの食事は食べたのに、お食い初めの儀式をすっかり忘れていましたw

子供が一生、食べ物に困らないように願い赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式

が、お食い初めらしいのですが・・・

この先、食べ物に困ったら親のせいですね。。。。



March 13, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


以前に、livedoorブログキャンペーン事務局さんの企画で参加したランサーエボリューションX 体感ミーティングのブロガーによる特別ページができているようです。


ランサーエボリューションX 体感ブログ


そこでツインクラッチSSTを実際に操作、体感された感想を教えてください。とのことなので、感じたことを書いてみます。

電子制御された2組のクラッチに、それぞれ奇数(1・3・5 速)軸と偶数(2・4・6 速)軸を担当させ、交互に使用。次に使うギヤを予測して準備しておき、クラッチを瞬時に切り替えることで、トルク抜けのない高効率な変速と5M/T車レベルの低燃費を実現した。
※引用元三菱自動車HP


>クラッチを瞬時に切り替える

本当にその通りで、シフトチェンジ(変速)に掛かる時間は凄く短く、まさに瞬時という言葉が当てはまります。
スポーツモードを持つ変速機能付きのCVTに乗っている方なら想像できるか思いますが、その変速スピードと同じ感覚です。

しかも、CVTや一般的なオートマチック車よりも、エンジンのパワーを無駄なく伝えられるので燃費も良いと、まさに良いこと尽くめのトランスミッションです。


同じ仕組みのトランスミッションで、フォルクスワーゲンやアウディが採用しているDSG(Direct-Shift Gearbox)や、最近話題になったニッサン GT-Rも同じ仕組みのトランスミッションを採用しています。

以前にDSGを搭載するゴルフ R32に乗ったことがあるのですが、初めてツインクラッチのミッションに乗って、あまりの滑らかなシフトアップ・ダウンや、アクセルを踏み込んだときのダイレクトな加速に感動したのを思い出しました。

さらに、ランサーエボリューションXでは、ノーマル・スポーツ・S-スポーツと3つの制御モードを持っていて、S-スポーツモードでは快適さを無くしてでも、変速速度にこだわるセッティングになっており、実際にS-スポーツモードでコースを走ったときに、はっきりと他のモードより早いシフトチェンジを感じることができました。


また、シフトダウン時にも自動でエンジン回転を合わせてくれるので、シフトダウン時の嫌なショックがありません。シフトダウン時にオーバーレブしてしまう場合は、警告音が鳴りシフトが変わらないのも、エンジンには優しいですね。
ただ、サーキット走行等でオーバーレブギリギリかって回転数でも、シフトダウンしたいって時には邪魔になるかも・・・なんて思いますが、そんなケースは非常に少ないので、問題ないかもしれません。


ランサーエボリューションXは、乗り心地と走行性能を両立した足回りを持っていると感じましたし、子供がいる家族にはぴったりの4ドアセダンという居住性、普段はツインクラッチSSTのノーマルモードで走行し、一人でスポーティーな走りを楽しみたいときには、スポーツモード+パドルシフトでマニュアル感覚を楽しむと・・・ホント我が家に一台欲しい車の現在No1ですw


AT限定免許でも乗れるのもいいですね、昔スポーツカーに乗っていたお父さんが、AT限定の奥さんと結婚した場合には、ツインクラッチSSTは最良の選択になるのではないでしょうか。


March 12, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

小物系の雑誌でみて、思わず注文してしまいました。

ワイマック耳洗潔(20ml)



結構耳かきが好きなんで、汚れがしっかり取れるという謳い文句に、ついつい惹かれましたw

いざ綿棒に染み込ませて耳の中へ・・・・

最初はスーっとひんやりな感覚の後に、とうがらしオイルの熱いジーンと痺れるような感覚がやってきます。

気になる汚れの落ち方ですが、普段から耳掃除をしているせいか、スゲーってほどではなく、乾いた綿棒で取れていない汚れが付いていました。

耳エステ・ローションのコピーの通り、汚れを取るよりもジーンと残る感覚を楽しむオイルのようです。

感じ方は人それぞれかも知れませんが、予想していた以上に熱く・ジーンという感覚が長続きするので、好き嫌いが分かれるような気がします。

耳かき好きなんですよねぇ

好きな人が多いのか、耳かき専門のお店もあるようです。

夢ごこち(大阪)

膝枕でやってくれるんですか・・・・会社の帰りにでも行こうかしらw


私は全く興味ありませんが、メイド好きな某サイトの方々は↓へドゾー

メイド耳エステ(耳かき)アトリエMiMi日本橋本店


記事検索
  • ライブドアブログ