February 2012

February 29, 2012

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

天満宮

今日は4年に一度の閏日(うるうび)です。
月末で忙しいはずが、気づいたら平日いつもいる場所とは違う場所へ・・・
お昼を過ぎると朝方グズっていた天気も持ちなおして、晴れ間が見えたので大阪天満宮へ梅を撮りに行ってみました。

といっても、寒い日が続いているのか、梅はまだ一分咲き程度。ほとんど咲いていません。
境内で一本だけちらほら咲いている木があるので、芸能人を撮影するかのようにデジイチ所持者はその木に群がります。

大阪天満宮20120229

仕事用の薄い鞄に無理やり24-105Lだけ詰めてきたので、こんな咲き方でしたらマクロ一本勝負でクローズアップすればよかったと後悔。

大阪天満宮_20120229

うむ、ゴチャゴチャしてるだけの雑な写真だ・・・あまり気持ちが乗らなかったので早々と退散。


日本一長い天神橋筋商店街には個性的なお店がいっぱいあります。

天神橋筋商店街_洋服屋さん

この「もうアメリカ村にはいかせない」のキャッチが強烈で、その下の「南船場にも・・・」が笑えます。
その下に光って見にくいですが「その内何処にも・・」と書いてあります。

その下に洋服で隠れていますが「3枚でレジがアホになる」というセールが・・・えぇ、元ネタは世界のナベアツという愉快なお店です。






February 19, 2012

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

201202_山上ヶ岳_大峰山寺を望む

さだP−さんと、関西百名山のひとつ奈良県の山上ヶ岳に行ってきました。
いつものように5:40にさだP−さん宅に到着し、フィットとプジョーを入れ替えて出発。
ここのところ登山でいい天気が無かったのですが、今日は雲一つ無い天気で、青空と霧氷が見れるのではとテンションが高まります。

ただ、山上ヶ岳の登山口がある洞川温泉に近づくにつれて路面は凍結し、スタッドレスを履いてるプジョーでも、車体が軽いので所々で滑り到着できるのかどうか怪しくなってきました。道中案内で出ていた気温は−13℃・・・

201202_大峰向かう凍結路

一度は引き返して高見山に変更しようかと話したのですが、せっかくということもありセントラルサーキットで慣らした腕を使いながら洞川温泉の駐車場に到着です(※一度完全にケツがでてカウンターを当てるさだP−さんを見ましたw)

201202_洞川温泉駐車場

登山口に近い駐車場もあるのですが、8時というちょっと遅い時間なので確保できるか不明ということもあり、ここから出発です。

201202_洞川温泉町並み

温泉街を歩いていると、とあるおっちゃんに「日頃の行ないがいいんやな、こんな天気今年初めてやで」といわれるほどの素晴らしい天気です。

201202_洞川温泉〜登山口

てくてくと小一時間ハイキング

201202_大峰山寺山門

大峰山山寺の山門に到着です。

201202_大峰山寺_女人結界門

山には入ろうとすると「女人結界門」があります。山伏の修行の場であるこの山は、山全体を聖域として女人禁制が今でも行われているそうです。

トレースを見ると、スノーシューの人と、数名の登山者が居るようです。冬の大峰はわりと難易度が高いので、最初から行けるところまでいって登頂にはこだわらないでおこうということで登山開始。

とにかく天気が最高だったので、いい景色が見えるたびにカメラを撮りだしてシャッターを切ります。
悪天候続きの最近の登山では、20枚撮るか撮らないかだったのですが、今日は60枚ほど撮っていました。

201202_山上ヶ岳の霧氷1

201202_山上ヶ岳の霧氷2

この2枚はS90で撮った写真、コンデジでも被写体が綺麗なら素晴らしい。空が青い!

201202_山上ヶ岳の霧氷3

201202_山上ヶ岳の霧氷4

こちらの2枚は7Dで撮った写真、ピントも構図も曖昧でも被写体が綺麗だから、綺麗な写真に!w
PLフィルターもつけてませんし、後処理でも色目はいじってません。標高1400mから見える快晴の空は、こんなにも青くて綺麗なのかと感動を覚えるほど・・・

201202_山上ヶ岳_洞辻茶屋

途中にいくつかの茶屋(もちろん冬期は営業してません)があり、このあたりはテンションも上がっているので、サクサクと登っていきます。洞辻茶屋をこえて・・・

201202_山上ヶ岳_ダラニスケ茶屋

ダラニスケ茶屋に到着。写真を撮りながら来たわりには、まぁまぁのペースで時間的には登頂も可能になってきました。

山頂にある大峰山寺も視界に入り、さてもうすこし頑張ろうと思った矢先

201202_山上ヶ岳_鎖場1

初心者の行方を阻むかのような鎖場が登場。私はピッケルを持っていないので、今日は来れなかったさだP−さんの奥さんのピッケルをお借りして足下気をつけながら登っていきます。

ピッケルの練習にもなって、なんとか突破・・・と思ったら、先行しているトレースも崩れ落ちている、トラバースして越えないといけない難所が

201202_山上ヶ岳_難所

まぁ、私たちの技術じゃ仮に越えれても、帰りが恐ろしいということで、今回の登山はここまでに
八合目付近でしたが、あっさり撤退です。

お昼の時間だったので、洞辻茶屋まで戻ってクッキングタイムの開始

ジェットボイルでパスタ

今回はジェットボイルでカルボナーラスパゲティーを作ります。
普通のパスタは茹でるのに時間がかかるので、4分で茹で上がるサラスパを使用。
本来はたっぷりのお湯で茹でたいところですが、ゆで汁を捨てるわけにもいかないので、120gのサラスパを約400ccのお湯で茹でます。沸騰したらジェットボイルのクッカーを取り外して、余熱でさらに3分放置

ジェットボイルでパスタ2

その間に別の鍋でソースを温めます。もつ鍋をつくるさだP−さんからニンニクのフリーズドライをいただいたのでソースに入れてコトコト・・・

ジェットボイルでパスタ3

ゆで汁は粉末スープを溶いてポタージュにして無駄なし。−8℃くらいでしたが胃袋だけは暖まりました。
お汁粉も食べたらちょい食べ過ぎた感が・・・さだP−さんはもつ鍋→中華麺→雑炊とやりたい放題でしたがw

ご飯を食べたら下山開始。登りを頑張りすぎたのか、アイゼンを岩に引っかけて前に2回もこけるという失態・・・しかも1回は持っていたピッケルのシャフトで頬を強打して、思わず「親父にもぶたれたことないのに!」と叫んでしまいました。いやいや危ない危ない、気をつけなければ。

下山後洞川温泉で暖まって、さだP−さんの自宅近くにある、中華料理の隠れ家でがっつり美味しい唐揚げ定食で終了です。

唐揚げ定食

このボリュームで700円、ここの唐揚げ旨すぎです。

登頂こそできませんでしたが、最高の天気で楽しい一日でした。



February 11, 2012

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

御在所岳の絶景201202

いつものメンバー(さだP−さん・ニックさっん)で、日本二百名山、関西百名山に選定されている名峰の御在所岳に行ってきました。

4:50自宅出発→5:40さだP−さん宅→6:00ニックさん宅でエスティマに乗り換えて出発、8:30登山開始です。
開始早々全く関係ない道を歩いて、10分ほどで引き返してくるという失態を・・・w
恥ずかしながら車に戻ってくると、隣に停めていたさだPさんが大好きな「山ガール」を含んだパーティーが出発です。このパーティーについて行けば登山道に辿り着けるだろうと安易な発想でついて行くと、まさかのロープウェイ乗車口へ・・・実はこのパーティーとは後ほど山頂付近で会うのですが、ロープウェイで登って、下山を楽しむというやり方のようです。うん、こういうのも有りだねと一同納得。

御在所岳ロープウェイ201202

ロープウェイを横目に左に降りていくと登山道があります。
御在所岳の登山ルートは色々あるのですが今回は初めてということ、また冬の岩場を登る勇気がないので裏登山道からアタックです。

鈴鹿スカイライン下201202

鈴鹿スカイラインを頭上に見ながら沢の隣をてくてく歩いていきます。
こんな橋を渡らなければならなかったり・・・この橋すごく揺れるんですよ、ほんと怖いですわ。

御在所岳_裏登山道の橋201202

裏登山道は2008年の台風で、登山道の半分近くが土石流で岩場となり、こんな感じの岩場登山が続きます。

御在所岳_裏登山道201002

てくてく登っていると、素人お断りロッククライマー専門の「藤内壁」が現れます。

御在所岳_藤内壁201202

実はこの壁を登っている人がいます。広角レンズで撮ったので、寄れていませんが人がいるのわかりますか?

この写真の真ん中あたりを拡大するとこんな感じです・。

御在所岳_藤内壁クライミングトリミング201202

分かります?3人のパーティーがアイスクライミングしていました。

晴れ時々曇りの予報でしたが、冬山の天気は青空が見えることが少ないので、曇り空の中てくてく山頂を目指し舞す。
少々曇っていましたが、御在所岳ならではの景観や、霧氷を楽しみながら山頂を目指します。

御在所岳登山201202

御在所岳_海老のしっぽ201202

登山道は山頂近くで「御在所岳スキー場」で合流していて、レジャーを満喫する家族の中をどうみても場違いな登山装備で歩きます。
ロープウェイで登ってきて軽装&スニーカーの人と、大きなザック担いでアイゼン・ピッケル装備の人が混じり合う、なかなか異様な光景です。

スキー場にはひときわ目を引く「氷瀑」が人気でした。

御在所岳_氷ばく201202

人工的に作られたものですが、氷のしだれ桜というかなかなかのものです。

スキー場からてくてく歩くこと十数分、山頂に到着です。

御在所岳_山頂201202

御在所岳の山頂って、もっと厳しい山道を抜けた先に・・・と勝手に想像していましたが、スキー場から楽々歩いてこれるので、ちょいと拍子抜け。

屋根のあるところで昼食を食べますが、外気温-5℃で風もあるので寒い寒い

御在所岳_お昼はジェットボイルでたぬきそば

ジェットボイルにたぬきそばセットをぶち込んで、グラグラ沸かしておにぎりといただきます。

ニックさんはうどん、さだP−さんにいたっては肉うどんの後に、卵とご飯持参で雑炊まで作る始末・・・なんか力の掛けどころが変わってきてるようなw

下山して近くの温泉で体を温めて帰りました。



February 05, 2012

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

モンベル_野箸

小物で物欲チャージということで、モンベルの野箸を買いました。
シンプルなスタックインタイプもありますが、モンベルでは売り切れだし、amazonは扱いないしってことで・・・

いつも山でカップラーメンを食べて、そのあとゴミをザックに入れるんですが、割り箸って結構邪魔になるんですよね。
半分に折ってゴミ袋に入れても、袋を突き破りそうだったりします。
ただ雪山で使うには、持つところのアルミが強烈に冷たいというトラップがw

野箸

登山以外にも春になったらバーベキューとか(果たして行くのか・・・)でも使えそうですし、ちょっとした自己満足アイテムです。



February 01, 2012

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

ジェットボイル

前から欲しい欲しい思いつつ、なかなか踏み切れなかったジェットボイルを買いました。

いつも雪山に行く三人ですが、山頂で食べるカップラーメンのお湯は、いつもさだP−さんにコンロと水を持ってきてもらい、お湯を沸かしてもらっていました。
前回ニックさんがバーナーを購入したので、自炊できないのは私だけとなり・・・それもつらいので前から欲しかったジェットボイルをポチり。

なんでジェットボイルを選んだかというと、お湯を沸かすときのこのフォルム
他のバーナーとクッカーとは、完全に見た目が違うというか目立ちます

ジェットボイル湯沸かし

えぇ、お湯が沸くのも早いらしいですが、そんなことよりこの異質な感じが気に入っています。
そうですね、普通のバーナーとクッカーの方が汎用性はあるんでしょうけど、まぁそんなことは問題ではありませんw

クッカー側面を覆う特殊ゴムのネオプレン素材で、沸騰した状態でもギリ素手でクッカーを持つことができます。
グローブつけていれば問題ないでしょう。
細長いクッカーですが、幅もそこそこあるので、この中にうどんや麺類を入れて、茹でたそのままを食べることもできそうです。

ジェットボイルの中身

クッカーの中には、ガス・バーナー・土台・ごとくが収納可能で、コンパクトにまとめることができます。
私が持っているザックは、カメラ用なのでレンズを入れる部分に、きっちる収まるようです。これくらい太いレンズを所持してみたいですが。。。

ごとくもついているので、フライパンなどにも対応できそうで、色々楽しめそうです。



記事検索
  • ライブドアブログ