February 2013

February 24, 2013

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

竜ヶ岳_遠足尾根登山口

さだP−さん、ニックさんと、鈴鹿セブンマウンテンの一座「竜ヶ岳」へ行ってきました。

いつものように、4:00に家を出てすぐにマクドで栄養補給。5:00前ににさだP−さんをピックアップし、5:30前にはニックさ宅到着・レガシイに乗せてもらい出発です。
天気予報は曇りなので、青空は諦めていましたが、四日市ICのあたりから雪が降ってきて、登山口近くの宇賀渓駐車場もガッツリ雪が積もっていていました。

駐車場のおっちゃんからアドバイスをいただき、登山届けを書いて8:00前に出発。
「遠足尾根コース」というなんともほんわかしたコースで登ります。
といっても、駐車場のおっちゃんいわく、昨日は30人くらい登って登頂出来たのは3〜4人だったと。稜線は相当な雪量でラッセルに疲れて降りてくると。スノーシューもワカンも持っていない、場違いな我々はどこまで行けるのだろうか・・・

雪まみれ

登り初めて30分くらい、ここで緊急事態発生! 持病ともいえる腹痛が突然発生。といっても登山道脇にスペースがないので、「あとで追いつきますわ」と全力下山。登山口近くまで降りてから携帯トイレにてミッションコンプリート。せっかく登ったのに、ほとんど降りちゃいました。
気を取り直し、ペースを上げて尾根に出る前に合流。この頃から風も強くなり完全に吹雪きとなりました。

竜ヶ岳_遠足尾根1
[PHOTO:さだPーさん]

晴れていれば尾根からの眺めは良さそうです。

竜ヶ岳_遠足尾根3
[PHOTO:ニックさん]

竜ヶ岳_遠足尾根からの展望

竜ヶ岳への稜線も少し見えましたがほとんど真っ白、ホワイトアウトしなかっただけいいですが、風もさらに強くなりなかなかのサバイバル。

スキー用品店で安いフェイスマスクを買って持ってきたのですが、メガネが曇りまくって結局使えず。。。

竜ヶ岳_遠足尾根2

先行者のスノーシューのトレースに助けられながら来ましたが、雪が柔らかい区間になると、常に膝まで埋まり酷いと腰まで埋まる積雪量。

竜ヶ岳_腰まで埋もれる

ネタじゃなく、ここまで埋まりますw

スノーシューないとこれ以上は無理と判断し撤収。もう、スノーシューは買うしかないですな。
知るかぎりこの日登頂したのは、スノーシューのパーティーだけ。ワカン組は途中で撤退したようです。

温泉で体を温めて、奈良に戻って敗退の欲求不満を解消すべく

情熱ホルモン

情熱ホルモンで肉を食い散らかして帰りました。

竜ヶ岳GPS




February 11, 2013

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

雨乞岳甲津畑ルート登山口

さだP−さんと、鈴鹿セブンマウンテンの一座「雨乞岳」へ登ってきました。
この時期鈴鹿スカイラインが冬期閉鎖のため、三重側からのアクセスが難しいので、滋賀側から甲津畑ルートで7:30登山開始です。

さーて、登山口の写真を撮るかとG1Xを構えたら「SDカードが入ってません」の警告が・・・SDカードは会社のノートパソコンに刺さっていたようです。ということで今日は写真が一枚も撮れず、ブログの写真はすべてさだP−さんのカメラによるものです。
初めての登山道だしGPSログ取っておくかと、ケータイのアプリ起動させるも、その後不具合でログ取れておらず・・・デジタル媒体にはなにも記録を残せませんでしたが、山行の記憶は自分の中に保存したのでいいことにしましょう(すぐに忘れてしまいますがw)

登山口から大峠・杉峠へ分岐するとこまでは、延々ハイキングコースです。前もってネットでレポを見ていましたが、そんなにハードな感じを受けなかったので、今日は完全にハイキングだと思っていました。

雨乞岳_沢渡り

大峠へ分岐した途端、ハイキングな感じは一変、最近は恒例行事の沢渡りです。
雪どけ水で増水し、岩は凍っているので、かなり怖いです。2週間ほど前に沢に落ちた人も見ましたからw
慎重に沢渡りをして進んでいきますが、天候はどんどん悪化し吹雪になり、まあたらしいトレースも消えていきます。
初めてのコースで、トレースも無く難易度も高いということで、分岐まで引き返し杉峠経由で行くことにしました。
ここで問題発生。沢の上でストックで足場を確認していたら、スルッと手からストックが離れボチャン、流れて沈んでいきました。

雨乞岳_ストック落とすの巻

こんな感じで寂しそうに見送りますw
沈んだ場所は分かるので、残ったストックでサルベージ成功。いやいや、次のストックどれにしようかと一瞬考えてしまいました。

3つめの避難小屋まではトレースが残っていたのですが、吹雪のせいでトレースは消えてしまってます。
頼りになる赤テープもほとんど無く、ルートファインディング能力が試されます。
まぁ、時間も体力もまだまだ余裕があるし、地図でおおまかな位置は把握したので、尾根目指して道無き道を直登することにしました。
正規登山ルートではないので、傾斜が半端なくキツイです。ピッケルを使って四つん這いで登ります。
気を抜いたら滑落しそうで怖い怖い。

雨乞岳_稜線を歩く

なんとか尾根に出て正規のコースに復帰、雨乞岳を目指します。

稜線はかなり雪深く、霧氷がこんもり育っていました。

雨乞岳_霧氷こんもり

荒れ荒れの天気で精神的に疲れたもののなんとか登頂。

雨乞岳_山頂

晴れていれば絶景が待っていたのでしょうけど、登頂できただけで大満足です。


下山は正規の登山ルートを進みますが、迷走した所ほどでないにしろなかなかの急斜面です。目の前でさだP−さんが軽く滑り落ちるのを見ましたw
避難小屋の近くまで戻ってきて、余裕が出来たのか急斜面にピッケル・アイゼンを打ち付けて登ってみました。

雨乞岳_斜面で遊ぶ

昨シーズンまではピッケルなど無縁と思っていたのに、ピッケルを持ちながら急斜面に取り付くことが面白くて仕方ないようです。

避難小屋でカップラーメンを食べて下山。
今回は吹雪で荒れ荒れでしたが、また季節を変えて三重側からも登ってみたいなーと

天候が悪かった&人気の無いルートなのか、入山〜下山まで誰もすれ違うこと無く「こんにちわー」をひと言も言わずの一日でした。


February 05, 2013

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

めがね

20年ぶりくらいに、セルフレームの眼鏡を買いました。
顔がお上品なので(嘘)存在感のあるセルフレームは避けていたのですが。
毎度同じようなめがね買うのもなーと思い、こんなのにしてみました。

3年くらいのサイクルでメガネを買い換えています。最近はレンズ込み5000円・50分お渡し可能!な量販店で買っていたのですが、今回は昔からあるメガネの三城で購入しました。

激安量販店に比べると、値段はちょっとお高くなってしまいますが、視力測定にかけてくれる時間が長いんで安心なんですよね。
じっくり測定した結果、レンズに遠中両用ってレンズを提案されました。遠近両用レンズの入門編みたいなもんらしいですが。もうそういうメガネをかける年になったんですなぁ。

レンズの中央が遠くを見るように矯正されて、下部が手もとを見やすくするように矯正されています。
確かにスマホなど、目線を下にむける時に見やすいです。
ただデメリットもあり、中央と下で度が違うので、顔を正面に向けたまま目線だけ下にやると、足もとがぼやけます。
まぁ、1日使って慣れましたが、登山の下山時など目線が下になるときは要注意ですね。


自分のなかでは結構なイメチェンだったのですが、まわりの反応はそうでもないですね。
子どもには「メガネ太いー」とだけ言われましたw



記事検索
  • ライブドアブログ