ヴィッツ耐久レース

July 20, 2011

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

セントラル請求書

会社の机を整理していたら、懐かしい請求書が出てきました。

今から2年半も前になるEXEDY 2008 OPTION2 3時間お遊び耐久「Rd3 最終戦」でクラッシュした時の、コース補修費請求書ですw

いやぁ・・・今見てもいい思い出です。
古タイヤを積み上げただけのタイヤバリアが1本7400円とか、ミナミのボッタ・・・(以下自粛

レース当日支払うと10%オフ(手数料の欄)で、後日の支払いは割引が無いとかよく出来たシステムですな。
当日サクっとカードを切っているあたり、初めてのクラッシュで脳内麻薬にやられていたのか、今とは違ってお金があったのか記憶にありませんが、あの頃の俺は若かった(当時38歳ですけど)

セントラル請求書2

セントラル請求書3

後日補修後の写真が送られてきましたが、なんか微妙すぎるよーw

サーキットでも公道でも安全運転が一番ということですな。




December 10, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

自虐的なタイトルですがw

さて、スピン→クラッシュした代償その,・・・・

肋骨のヒビです

スピンして停止したときに、反動でバケットシートに脇腹を強打しました。
これでもスリムなんで、バケットシートがスカスカでw

クラッシュした直後は、脳内麻薬で麻痺していたのか、全然痛くなかったのですが、時間が経つにつれ痛みが増してきました。

と言っても、そんなんで骨折なんて思いもしなかったので、湿布を貼って寝たのですが、翌日も痛みが全く引きません。

ちょっと首も痛かったので、月曜日(二日後)整形外科に行ってみると

ヒビが入ってますねと・・・

カルシウム足りねぇな俺


首もレントゲンを撮ったのですが、こちらは異常なし
ただ、いつも以上に肩が凝るような気がします。


レースの厳しさを身で感じましたw


December 09, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


3時間耐久レース

12/6(土)セントラルサーキットで行われた、EXEDY 2008 OPTION2 お遊び耐久レース Rd.3(最終戦)に参加してきました。

今回は頼れるドラーバーのS本さんが参加できないので、T西師匠、K根さん、T間くんと私の4人での参加・・・と思っていたら、レース前々日に監督兼別格ドライバーのT西師匠が腰を痛めたとの連絡が入り、なんと3人での参加となりました。

最初のフリー走行は、AM8:00からなんですが・・・・鬼のような寒さです

ヴィッツ1
まだ薄暗いうちから準備中・・・寒い

本当か嘘かドラーバーミーティングでは、この日のセントラルは最高気温が1℃とのこと
前日の雨なのか霜なのか解りませんが、所どころ濡れているコースにコースイン

十分にスピードを落として、1コーナーに進入します・・・が、いきなりハーフスピンw
1周する間に、コースオフしている車両が2台も居ました。
正直まともに走れるような状態じゃありません。

とは言え、5周ほどフラフラしながら走っていると、少しですがタイヤに熱が入り、ケツが出ながらも走れるようになります。途中でT間くんと交代してフリー走行を終了(T間くんも180度スピンを喫したようですw)

あまりにケツが出るので減衰力の調整をして、予選・本線用にフロントタイヤを新品に交換します。
今回は参加車両が多くコンパクトNAクラスでも、8台中4台が予選落ちと厳しい状況です。
しかも、いつも予選をアタックしているT西師匠とS本さんがいません。(頼ってばっかなので申し訳ないのですが)

予選はT間くんと、K根さんでアタックということで、T間くんがニュータイヤの皮むきを兼ねてアタックに入りますが、2周で赤旗中断となりました。コース整備に時間がかかり、予選が再開したのが終了8分前です。

予選中断中
赤旗中断中、ピットレーンは大渋滞

皮むきすら終わっていないような状況で、K根さんが予選アタックしますが、まだまだケツが出るような状態で、納得のいくタイムが出ずに、初めての予選落ちとなりました。

と言っても、本線に残るためには、1分38秒台を出さないと残れません。
正直、T西師匠がアタックしてやっと・・かなの予選通過タイム
去年の第1戦なんて、コンパクトNAクラスのエントリーは3台でしたからねw
参加車両も増え、レベルも上がって、来年の耐久レースはどうなるんでしょうかw


予選落ちしたので、コンソレーションレース(90分耐久)の参加となります。

コンソレのグリッドは13番手、表彰は総合6位までなので目標は入賞ですw

とりあえず、このケツの出る状態をなんとかしないとなりません、そこで皮むきの終わったニュータイヤを後ろに持ってきて、前後のタイヤを入れ替えました。

で、ファーストドライバーなのですが、ご指名を頂戴し私となりました。

とりあえずレースのスタートドライバーってのは初めてですし、この滑りやすいコンディションの中、1コーナーに集団で突っ込むのは怖すぎます。

ドキドキの中、AM11:30レーススタートです。

とりあえず、前の車が左右に車を振ってタイヤを温めているので、こっちも効果は不明ですが同じように左右に振ってみますw
そして最終コーナーが近づき、各車加速状態に入ります。
気持ちだけフェルナンド・アロンソの気分で、後ろの車を離しつつ前の車にベタ付け・・・・と思って3速から2速にシフトダウンをして、最終コーナーを立ち上がろうとしたら・・・全く加速しません

見事に4速に入ってました(ネタではないですよw)

前の車は遥か前方、そして何故か後ろも凄い離れていて、単独でゆうゆうと1コーナーに進入。
既にコースアウトしている車がいたので、慎重にクリアし周回を重ねます。

3〜4周走ったところで挙動が安定したのか、タイムも1分44〜45秒でコンスタントに走れています。
これならもうちょっと踏んでいけると思った矢先に、セーフティーカーのご登場

4〜5周回ほどSC状態で、義務ピットインを消化する為にピットに入る車が多く、順位は6〜7位くらいまで上昇していました(抜いていませんがw)

SCが解除になり、グリーンフラッグと共に、1コーナーへ突っ込んでいきます。
今回は大渋滞、すぐ横で接触が有って1台押し出されたり、かなり緊張のドライブ

その後、前について行こうとペースを上げると、タイムは1分42秒の前半に突入
自分でもなかなか良い感じで乗れていたと思います。

と、前のシビック(EG)をなんとか抜いてやろうと、ペースを上げていた17週目の5コーナー、いきなりケツが出て「あっ」と思った時には目の前にタイヤバリア、フロントをヒットしそのまま180度回ってコース脇に停止

運転席から見ても、ボンネットが浮いて曲がってるし、自走出来そうにないのは明白
ドアを開けようとしても、フェンダーに干渉しているのか開きません。

結局助手席から出て、コース外に避難して救援を待ちます。
積車で回収されて、レースは終了

ヴィッツ2
牽引フックに引っかかって、破損したバンパーが付いたまま

左コーナーで内側に突っ込んでいると言うことは、ケツが出たときにアクセルを抜いてしまって、タックインで内側に巻き込んだへたれスピンということですね。
正直あまりに一瞬のことで、何にも出来ませんでした。バナナの皮でも踏んづけたんでしょうかw

ヴィッツ3
バナナの皮はコースに捨ててはいけません(死


2代目ヴィッツになって、まだ2戦目なのに未熟なドライブで壊してしまい、車を作ってもらった皆さんに申し訳ない気持ちで一杯です。

これも経験(代償がでかいですが)ということで、今後の走り生かしたいと思います。

もっと練習しないとね・・・・


July 29, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

先日の4時間耐久レースに応援に来てもらったこーへーさんから画像をちょうだいしました。

ヴィッツ1
立体交差下、ドライバーはS本さんです。

ヴィッツ2
ドライバーは私です。解りにくいですがセーフティーカーが入ったので、ピットを指差してピットインをアピールしています。

表彰式1
表彰台です。皆さんこの立ち位置を覚えておいてくださいね・・・・


そしてシャンパンファイト


表彰式2
ウチのチームで台に残ってるの私だけですしw そしてキャンギャル逃げ足速すぎw
この時3位の表彰台には、チームのお子さんも上がっていたのですが、可愛そうにシャンパンでびちょ濡れになっておりました。





で、最後はかなりのグロ画像なのでご注意下さい




日焼け
私(グロ)のV字型日焼けでございますw


お食事中の方には、大変申しわけございませんでした。


July 22, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

耐久TOP

7/19(土)セントラルサーキットで行われた、EXEDY 2008 OPTION2 お遊び耐久レース Rd.2に参加してきました。

いつもは3時間の耐久レースなのですが、何故か今回は4時間です。
(表彰式の時に主催者の方が「参加者の方よりレース時間の延長の要望が有った・・・」と言っていましたが、そんなこと誰が言ってたのやらw
ここ最近の猛暑いや酷暑の中、エアコン掛けずにヘルメット+レーシングスーツで走るなんて、想像するだけで汗が出てきます。

今回も強化合宿という名の前泊で、サーキット近くのホテルに泊まって夜更かしですw
6:20にホテルを出発し、7:00前にはサーキットに到着。
今回は参加車両も多く予選落ちも有るため、予選が終了するまでピットは与えられません。
訳有ってレース前日に参加を断念した、泉門天@S13のK原くんが大きなテントを持ってきてくれたおかげで、干物にならずにすみました・・・(ありがとうございました)

車検や車の準備をしている間に、気がつけばフリー走行が始まっています。

ヴィッツ_ピット

第1戦で全損になった黒ヴィッツに変わっての、2代目青ヴィッツです。青いボデーに赤いトライアルのステッカーが映えます。
これでもナンバー付きで、自走で参加なんですよw

まだ車検も終わっていない車も多く、多くのチームが準備できていません。
とりあえず、昨年12月からセントラルサーキットを走っていない、S本さんに勘を取り戻してもらう為に走ってもらいます。

予選はまずS本さんに走ってもらって、そしてチーム監督兼別格ドライバーのT西師匠にアタックをお願いします。
T西師匠の渾身のアタックで、総合31位・クラス2位のポジションをゲット。
普段は予選落ちも無いコンパクトNAのクラスでも、今回は8台中2台が予選落ちになってしまう厳しい条件でした。

残念ながら予選落ちになった車で、90分の耐久レースが行われます。
12台(だったような)でのレースなので、とても走りやすそうでちょっと羨ましかったり・・・


さて、4時間の長丁場を走る順番は・・・

1.T西師匠(監督兼別格ドライバー)
2.S本さん(エースドライバー、でもブランク7ヶ月w)
3.私(AT大好き、MT恐怖症気味w)
4.T間くん(プレッシャーを感じないタフなドライバー)

そして、ラストにもう一度T西師匠に締めていただきます。
今回はオーナーのK根さんが、体調不良のためドライバーとしては参加せず、監督として参加するので、普段は5人で走るところを4人で走ります。

作戦としては、ガソリン満タンで出来る限り引っ張って、3番目のドライバー(つまり私)がガソリンをエアを吸って無くなるまで走ってピットイン、給油は1回で走りきるというものです。

コンパクトNAの予選上位3位は、1位シティ(GA2)黄色、2位ヴィッツ(NCP13)、3位シティ(GA2)白色と、シティに挟まれています。

黄色のシティーは、かなりの軽量化+1.5Lエンジンに換装していて、コーナーも直線もヴィッツより早いようです。
白色のシティーも、かなりの軽量化をしている様子・・・F1ではホンダよりトヨタのほうが調子良いんですけどねぇ、ここではトヨタ不利か?w

そして13:40頃、ついに4時間耐久レースがスタートしました。

ヴィッツ_リア
トップバッターのT西師匠がスタート・・・が、開始すぐにセーフティーカーが登場です。
その後は1分40秒くらいのラップタイムで順調に周回を重ねていきます。
50分ほど走行したところで、セカンドドライバーのS本さんにチェンジ、何故かコースイン後またしばらくしたらセーフティーカー登場。
S本さんも1分41〜43秒くらいで順調に周回を重ねていき、60分近く走ったところでピットイン。

ついに私の番が回ってきました。
車に乗り込んでまずガソリンをチェックしたんですが・・・残り2目盛りしかありません。
今回はフリー走行を走っていないので、4ヶ月ぶりとなるMT車です。
それでいきなりコースインw とりあえず数週は泣きながら・・いや慣らしながら走ります。

何故か私もコースイン後まもなくセーフティーカー登場。
そのおかげと言うか、車とMT操作に慣れてきたと思ったら、ガソリンゲージが1目盛りになって点滅しています。
まぁ、エンジンはノーマルなヴィッツですから、まだまだ行けるでしょう・・・トヨタを代表する低燃費車ですしw
といってもガソリンゲージがエンプティーな状態での、全開アタックはかなり怖いです。

乗り込む前に「ガソリンが無くなって、エアを噛んだら失速するから、そうしたらピットに戻ってきて」と指示が有ったんですけど、もし戻れなかったら・・と思うと凄い恐怖の中走り続けます。
ゲージが点滅してからずいぶん走った気がして、そろそろヤバいと感じていたその時に、またもやセーフティーカーが入ります。

もう疲れてきていたので これはいいタイミングだと思い、ピットに次周入る事をアピールしてピットへ向かいます。
給油をしてT間くんにチェンジです。

ラップタイムは1分44〜47秒程度と、かなりみんなの足を引っ張ってしまいました。
6月に自家用ヴィッツ(NCP91・CVT)でセントラルを走ったときは1分50秒だったので、この耐久仕様なら1分41〜42秒で走れるって思っていたのに、タイヤはかなりズルズルだし、NAといえどもこの暑さではちょっと辛いですよね。
ただ、タイヤはズルズルでしたが、スピンにつながるという心配は感じさせず、コントロールできる範囲で流れていきます(1度左F・Rともに飛び出しましたがw)

T間くんも私と同じく4ヶ月ぶりのMT車なのに、1分42〜44秒程度でコンスタントにラップしていきます。
さすがプレッシャーを感じないドライバーですw
調子がいいからしばらく走らせて良いんじゃないって事で、順調に(?)周回を重ねてもらいます。

ヴィッツ_ストレート

そして残り時間50分になったところで、T西師匠に最後のドライブをお願いします。
トップの黄色シティーは遥か前方、2位の白いシティーも1分以上先を走っています。
シティーは2台ともレースを通じて安定した速さが有ったので、チームの誰もが3位の死守をこの時点では思っていたと思います。



2位を走るシティーのペースが段々と落ちてきています。
残り時間30分で約50秒差

車のコンディションが悪いのか、2位のシティーは1分44〜45秒でラップ、T西さんは1分41〜42秒でラップしています。
1周につき3〜4秒縮まっていて、サインボードの前車とのマイナス表示もどんどん少なくなってきています。
ピットウォールから見ていても、差が縮まっていくのが実感できます。

残り10分でついに2台の車が同じ視界に入る差になったその時、白いシティーがピットインしました。
やはりトラブルを抱えているようで、ピットアウトしてもスピードが戻らないようでした。

そしてゴール

最後の追い上げがドラマチックで、喜びも感動も倍増でした。

しかし、シティー勢は最後まで強かった。ラップタイムもドライバーのばらつき無くコンスタントだったし。強敵ですね。


で、表彰台

S本さんは何気なくさっさと着替えちゃうし、T西さんは陰のボスなので表舞台には上がりません、そしてオーナーのK根さんまで走ってないし表彰台には上がらないと言い出す始末。
って、T間君と二人でってのもねぇ、寂しいのでK根さんを表彰台にご招待w

1位のチームの皆さんと、シャンパンは前方に発射ですよと念を押していたのに、とある一人がこっちに発射
反撃するも、頭からシャンパンをかぶることに・・・・
ホント髪の毛がパリパリになるし、臭いは残るし困るんですよw


暑さの厳しい大変な一日ではありましたが、充実した一日でもありました。
チームの皆さん、サポートしてくれた皆さん、有難うございました。
また祝勝会という名の飲み会でお会いしましょうw


April 30, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


先月行なわれたEXEDY 2008 OPTION2 3時間お遊び耐久「第1戦」の写真を、オールスポーツコミュニティで見つけたので一枚購入してみました。

ヴィッツ耐久

データCD-ROMで購入し、商品代金3,675円+送料420円で 合計金額 4,095円
ちょっとお高い気もしますが、この黒いヴィッツの勇姿も見ることが出来なくなったので、記念に買ったみたんですが、届いた写真は予想以上に綺麗で、ヘルメット越しに自分だってのが解ります。

ロゴ入りデータ+ロゴ無しデータ+サービス版の紙焼きが一枚付いていました。
年賀状にも流用できそうですし、なかなか良いんじゃないかと・・・・あ、今年は喪中だったw


先週末はトライアルに行って来ました。
ブレーキパッドの交換と、リアのスプリング変更です。

スポルティーボ⇒RS純正⇒オーリンズと変わってきた足回りですが、何度も交換した甲斐あってかフロントは満足しました。
1人で乗る分にはオーリンズDFV(F:4kgf・R:3.5kgf)でバッチリだったのですが、後部座席に乗ってみるとリアは結構突き上げ感が残ります。
奥さんと子供に我慢させてしまうので、リアのバネをタナベ NF210にしました。
トライアルのT田さんに探してもらって、RS用ではなくコンフォートグレード(KSP90)のバネを取ってもらい、バネレートは2.25kgfになりました。

NF210

減衰力も一番やわらかく設定し乗ってみると、かなりの違いを感じることが出来ました。
前につけていた純正ほどって訳じゃないですが、これなら奥さんでも大丈夫なように感じます。

バネレートは低めですが、減衰力調整を硬く(12段)すると、キビキビ走ってみても十分受け止めてくれそうです。


作業が終了したあと、T西さんに黒い耐久ヴィッツの後継車、青いヴィッツRSを見せてもらいました。
HKSの足回りが入っていて、異様に低い車高が印象的でした。

ドナーとなった黒いヴィッツのパーツを受け継ぎ、5月にもシェイクダンするそうです。

何の因果か、プライベートも耐久レースも青いヴィッツになりましたが、ドライブできる日が楽しみです。


March 24, 2008

■■■ ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


去年も参加していた、EXEDY 2008 OPTION2 お遊び耐久の2008年第1戦が、3/22(土)兵庫県のセントラルサーキットにて行われました。

昨年は最終戦(12月)レースを、次女の出産とタイミングが重なって欠場したため、8ヶ月ぶりの参加・・・・と言うことは、MT車に乗るのも8ヶ月ぶりと言うことになりますw


万全を期して強化合宿という名の前泊で健康ランドに宿泊し、7時のゲートオープンに間に合うように到着し、ピットで準備を始めます。

準備


ちなみにレースのスケジュールはこんな感じです

フリー走行 30分)

フリー走行◆30分)

予選(30分)

決勝(3時間)

フリー走行の間に、任意の有料走行枠や体験走行なんかも有ります。

8ヶ月と言うブランクを気遣っていただいて、最初のフリー走行枠(30分)をフルに乗せていただきました。
前回のレースでは、1分43秒〜45秒でラップしていたのですが、この8ヶ月の間にヴィッツも進化していて、サブコンやビッグスロットルが装着され、オーナーのK根さんも「ストレート速くなりました」と言ってました。

昨年最終戦はアンダー気味だったという足回りも、更にキャンバーを付けて曲がりやすいセッティングになっているようです。

8ヶ月ぶりのMT車で、同じく8ヶ月ぶりのサーキットへコースイン

2周ほどタイヤを温めつつ、人間のリハビリをしてスピードを上げていきます。

お!確かにパワーが上がってます。私の走りだと4速で待ちだったストレートも5速に入るし、奥のヘアピンも3速で待ちだったのが4速に入ります。

足回りもアンダー気味だったのが、少しオーバー気味に・・・・腕が有れば速いんでしょうけど、正直お尻がズズ・・・と出るので怖かったですw

ラップコンにも1分43秒の表示が出て、ちょっとその気で頑張ってみました。
わりと思ったとおりの走りが出来た・・とタイムを見ると1分41秒台に入っていました。


気を良くしたのか

1コーナー気持ちブレーキ遅らせて進入

ん?ちょっとスピード乗りすぎ?

向きを変え始めているのに、軽くブレーキに足を載せる

1コーナーはアプローチが下りで、右回りの逆バンク

華麗にリアが出る

立て直すことも出来ずスピン、しかもコース中央

クラッチきる余裕もなくエンジン停止

1コーナーはブラインドコーナー

シビックタイプRとS2000が、ヴィッツのわき腹近くで停車


ホント屁たれスピンで走行中の皆様には、大変ご迷惑お掛けしました。


セリカに乗っているときから、何回も走行会に参加してサーキット走行は幾度となく経験しているんですが

人生初のスピンでした・・・


ちょっとビビリが入りましたが、その後フリー走行の後半では、1分41秒ほぼフラットを出せて楽しく走れました。


どうやら温感でリアタイヤの空気圧が2.5だったので、空気を減らして2回目のフリー走行に入ります。
30分のうち最初の10分は引き続き私が走り、残りの20分はTくんが走る打ち合わせでコースイン。

確かに1回目の走行より、リアが安定して安心感が増していました。
しかし、なんか自分のリズムが作れずタイムは伸びない上に、ピットインの指示も2周見逃していてダメダメな走行でした。


途中でセリカ乗りのこーへーさんが応援に来てくれて、萌え系な応援幕を撮影したり、200〜300個は有ると思われる大量な飴ちゃんをもらったりしましたw

タソ

タソーな応援幕に、タソーな天野アイタソー

応援幕の「あい」を「史子」に変えようと、こーへーさんが言っていたような気がしますw

大量の飴ちゃん(右)と、もう一人のエクセディーのキャンギャル田中 涼子タソー(左)
実は昨年耐久に参加して以来、この田中涼子さんの隠れファンだったりしますw ドラミを一番前の席で参加したのですが、目の前に田中涼子さんが立っていたので、ドラミの内容が頭に入らなかった・・・事はないですよw

タソ2



さて、いよいよ予選が始まります。
タイヤもフロント2本は新品のネオバに交換しています。

予選アタッカーはもちろんT西師匠
もの凄く集中してアタックに入っていった姿が印象的でした。

ピットでK根さんとモニターを見ていると

いきなりの1分37秒台

流石だー、こりゃ36秒台に入りそうって話をしていたら

ピットの外で「最終コーナーで停まってる」との声が・・・・

あわてて見に行くと、最終コーナーの立ち上がったところで、イン側に向かって停まっているヴィッツが見えました。
再スタートが切れないようで、そのまま予選は赤旗中断になりました。


どうやら当てられて、そのまま最終コーナーアウト側のコンクリートウォールにヒットしたとの事
ヴィッツはずっと停まったままだし、ドライバーのT西師匠は大丈夫なのかなと心配していると・・どうやら当てた車のピットに抗議に行っていました。


積車に乗ってヴィッツがピットに戻ってきたんですが(※画像提供こーへーさん)

vitz1

ボンネットも折れ曲がり、フロントのブレーキローターも割れるほどの損傷

vitz2

損傷の激しい右リア周り、写っていませんがこの衝撃の波及がルーフまで及んでます、正直修理は難しいです

vitz3

バックドアガラスは粉々・・・・そして追うように同じピットの泉門天S13もエンジントラブルでリタイア

レースなので仕方ないですが、まさか最終コーナーで左後方からの接触
最終コーナーは2速でターンする、セントラルでもスピードの落ちるコーナーです。
接触した反動で、コンクリートウォールでここまでボロボロになるとは、どんな勢いで接触したのか・・・

悔しいですけど、決勝グリッドに並ぶことなく、今回のレースは終了です。



追い討ちを掛けるように、TV番組の走改車楽が取材に来ていましたyo

インタビュー

決勝で使うはずだった、ハイオクを私のヴィッツに給油・・・クスンクスン


もちろん自走は出来ないので、トライアルに積車の手配をし決勝レースを見届けることなく撤収しました。

帰りの車中でK根さんが、次の耐久マシンは私のヴィッツだと、冗談混じりに真剣に話していましたが・・・
確かにモデルは違っても、同じRSでエンジンも同じだし、MTに載せかえればって・・・

家庭が崩壊しますので無理ですw


トライアルに戻るとしのさんが来ていました。
色々話をして、前から行きたかった噂の激うま焼き鳥店へ連れて行ってもらうことになりました。
実は、4年ぶりにトライアルに車を預けるので、ちょうど帰りの車が無かったので助かりました。

お預け

いつのまにかGS-iのフードトップモールが付いてたりw 今回の入庫でさらにお買い物車としてのスペックが上がるはずです。

しのさんのセリカの中で、最終回前だからといって、無駄に死亡フラグが立ちすぎるガンダムOOを見ながら、激うま焼き鳥屋さんに向かいます。

そして・・・

まさに激うまでした

自宅からはかなり遠いのですが、再度訪れようと思わせるだけの旨さが有りました。
しのさんからは、ガンダムOOのポスターを頂戴しました・・・・って家に貼れないですよw

しのさんは、恐れ多くも王 留美の事をチャイナと呼んでいたので、グーで修正しておきました(嘘

OO鳥

もらったガンダムOOのポスターに、旨すぎる生キモと鳥ミンチ



人生初のスピンや、予選でのリタイア等、レースの厳しさを知る一日になりましたが、またセントラルに戻って来たいと思います。



記事検索
  • ライブドアブログ